ニキビといっても様々な種類があるんです

ニキビには様々な種類がる!

一口にニキビといっても様々な種類があります。 ニキビは、初めから赤くて目立つ状態で出てくるわけではなく、白ニキビというものから始まっているのです。

白ニキビは毛穴の中に皮脂が詰まった状態のことです。 毛穴が閉じて皮脂を閉じ込めているため、皮膚の中に皮脂が白く見える状態です。

まだ痛みなども発生しない段階なのですが、ニキビ跡を残さないためにはいかにこの段階で改善できるかが重要になってきます。 痛みがないからといって放置してしまう方もいますが、白ニキビが悪化すると黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビとどんどん悪化してしまうため、注意しましょう。

改善の基本は、ピーリングや、正しい洗顔を行うということです。

この段階であればつぶしたとしても問題ないとされているのですが、できれば皮膚にダメージの少ないピーリングや洗顔で対策を取っていきましょう。

毛穴に詰まった皮脂が酸化すると黒ニキビと呼ばれる段階になります。 こちらもまだ炎症にはつながっていないのですが、安易に潰してしまうのはおすすめできません。

潰そうと思っている方は専用の器具である「コメドプッシャー」というものを使ったほうが安心できます。

白ニキビや黒ニキビが悪化すると赤ニキビという状態になるのですが、この段階にまで悪化してしまうとのニキビ跡になってしまう可能性が高いので気をつけなければなりません。

これは、アクネ菌が増殖し、皮膚が防衛反応として炎症を起こしている状態です。 白ニキビや黒ニキビの段階に比べてアクネ菌が増えすぎている肌状態となるため、皮膚科に相談をした方が良いでしょう。

これがさらに悪化すると黄ニキビとなり、激しい痛みを伴うニキビになってしまいます。 この段階になるとニキビ跡になってしまう可能性が非常に高くなるので、少しでもニキビ跡の可能性を低くするためにも早めに皮膚科に相談するのがおすすめです。

皮膚科では抗生物質やステロイド剤などを処方してもらえるため、炎症を抑えることもできるので相談してみてくださいね。

↑ PAGE TOP