ニキビ痕に効果的なピーリングってどう?

ニキビ痕の治療法はどんなもの?

肌表面が凹凸になってしまったニキビ痕…やってはいけないと思いながらも、ニキビをつい潰してしまったり日頃のケアをきちんとしなかったばかりにその結果、顔に凹凸を残してしまったと言う人、結構いるのではないでしょうか。

このニキビ痕がシミになった場合、美白化粧品などを使用したりするのですが皮膚科や美容クリニックなどの、専門的な治療法となるとレーザーを使ってシミを除去する方法になります。化粧品よりも、当然レーザーを使用して治療する方法が確実です。

でも問題は、凹凸になってしまった肌を、どう改善していけば良いのか…なかなか難しい問題かと思います。

まずは、クレーターの凹部分の治療です。ニキビ痕でへこんでしまっている部分は、傷痕と同じです。しかも、傷ついた痕は、角質が硬化しており、ニキビが再発しやすくなっています。

ニキビ痕が毛穴を塞ぐ原因になるので、毛穴内部に溜まっている脂肪が厚みを増し角質はどんどん硬くなり、排出されないままになるので、皮膚が盛り上がった状態になります。その状態が、ニキビ痕の凸部分となります。この凸部分を解消する為の治療としては、角質を取り除かなければいけません。

そこで、ケミカルピーリングの施術を受ける事で、角質も取り除く事が出来て肌の新陳代謝もアップしていきます。シリコンジェルシート等を使用して、凸凹のニキビ痕の表面を平らにし、ヒアルロン酸を注入すると、改善されていきます。

凹んでいるニキビ痕がひどい場合は、その部位にメスを入れて、縫合する手段もあります。その他の治療法としては、市販のニキビ薬等で改善していく方法です。最近では、ニキビ痕にアプローチする化粧品や薬など、色々な種類のものが市販されています。

ただ、それが自分の肌質に合っているのかどうかを判断する事は、なかなか難しいと思います。 肌トラブルを引き起こさないようにする為にも、実際使ってみて合わないと感じたら、使用は直ちにやめましょう。

また、自分に合う市販の化粧品等を使用しても、一度出来た凹凸部分は、まっさらの状態に戻る事はありません。確かに、改善されたように見えるのですが、実際は凹凸が目立たなくなっただけで、何もなかった状態の肌に完全に戻す事は、なかなか出来ないと思います。

と言うのも、凹凸部分の肌の細胞は、思った以上に負担がかかってしまった状態だからです。様々な治療法によって、その負担を軽減する事は可能ですがそれがイコール完全な状態に戻ったとは言えないと言う事も、把握しておいて下さい。

↑ PAGE TOP